羽子板・破魔弓・雛人形・五月人形なら茨城県坂東市の人形の諏訪へ

雛人形

雛人形

親王飾り

お殿様とお姫様だけで飾る雛人形です。

親王飾り 商品一覧
親王飾り

段飾り

親王、三人官女の五人飾りの三段飾りや豪華十五人揃いの七段飾りがあります。

段飾り 商品一覧
段飾り

収納飾り

収納飾りは飾り台の中にお人形、屏風、雛道具等が収まるコンパクトサイズのお人形です。

収納飾り 商品一覧
収納飾り

ベルズキス

小さくて可愛い収納飾りやケース飾りなどの商品を取り揃えております。キュートなおひなさまベルズキスです。

みみちゃん 商品一覧
プリンセス

ケース

ケースのまま飾ることが出来るので片付ける時、飾る時に簡単です。

ケース 商品一覧
ケース

その他

名前旗、つるし飾り、市松人形など各種取り揃えております。

その他 商品一覧
その他

三月節句のQ&A

Q

ひな人形(雛人形)は誰が贈るのですか?

A

一般的にはお嫁さんのご実家から贈られます。しかし現在では、可愛い孫や子供のためと、両家で折半することや若いご両親たちが買い求めることも多くなりました。このような風習は、全国でも地域性がかなりございますので、お近くの人形店にお問い合わせください。

Q

衣装着ひな人形と、木目込み雛人形の違いを教えて下さい。

A

【衣装着ひな人形】
・一番のポイントは、お衣装の豪華さです。
・比較的サイズが大きいひな人形が多く、見た目が非常に豪華です。
・近年はとてもコンパクトなタイプの衣装着ひな人形も増えています。
【木目込み雛人形】
・お顔が手描きで、とても愛らしい雛人形です。
・小さいサイズの雛人形が多く、比較的飾る場所や収納スペースが気になりません。
・装が型崩れせず、非常に長持ちします。

Q

第二子も女の子だったら、雛祭りにどのようなお祝いをしたらよいでしょうか?

A

一般的には、次女、三女には、小さめの飾りなどを購入される方が多いようです。
ひな人形(雛人形)は、我が子の健やかな成長を祈り、その子の厄(やく)を背負ってくれる『お守り』として飾ります。ですから、たとえ小さなものでも、その子の厄(やく)を背負ってくれるひな人形(雛人形)を用意してあげるとよいでしょう。

Q

ひな人形(雛人形)を選ぶ時のポイントはあるのですか?

A

まずは、「お顔」を気に入ることが第一かと思います。次にお衣装。という順番に見ていくと選びやすいと思います。
【ひな人形(雛人形)選びのポイント】
・いろいろなひな人形(雛人形)を見て、人形の良し悪しを比較検討してください。
・購入店のアフターサービスをしっかり確認してください。
・「飾る場所と収納スペース」を考慮して、適正なサイズの商品をお選びください。

Q

ひな人形(雛人形)はなぜ飾るのですか?

A

雛祭りの行事には、「我が子の幸せを祈る親の心」があります。雛祭りとは、この「心」をとても大切に考え、その「心」を子や孫に伝えてゆく行事なのです。
雛人形のお姫様は将来の我が子の幸せな姿、成人する20年間を我が子と過ごし、その子に降りかかる災いを身変って頂き、その子に幸せが訪れるように春を呼びます。このような行事を毎年大切に行う事で、物の大切さや家庭でのコミュニケーションを取る事で、学校では教えられない親から子への本当の教育をすることにより、そのような家庭に育った子供たちは、きっと心豊かで優しく思いやりのある人に成長してゆくことでしょう。

Q

初節句とはなんですか?

A

初節句とは、子供が生まれて初めて迎えるお節句のことです。女の子の場合は、生まれて初めて迎える雛祭りが初節句です。初節句は、子供が生まれて初めての雛祭りですから、本来は3月3日に生まれても、その日が初節句です。
しかし実際のお祝いは、一般的には、お宮参り(生後30日前後)を基準とし、生まれて初めての雛祭りがお宮参り以前に来る場合は、お祝いを翌年に延ばすことが多いようです。

Q

ひな人形(雛人形)の種類には、どのようなものがあるのですか?

A

【衣装着ひな人形】
・七段飾り
・三段飾り
・親王飾り(2人)
・五段飾り
・ケース入り飾り
・木目込み雛人形
などです。

Q

ひな人形(雛人形)は早く片付けないとお嫁に行くのが遅くなる?

A

これは良く聞きますが、あくまでも節目を大切にとの意味合いです。それと、お片付けの作法をお子様に身に着けてほしいという面もございます。お嫁に行けなくなるという根拠はありません。
4月の声を聞くころまで飾っておくのはおかしいので、3月の中旬頃までにはご家族でおしまいください。

Q

お殿様とお姫様の座る位置は左と右でどちらが正しいのでしょうか?

A

どちらも正解です。現在標準的な飾り方は、雛段に向かって左に男雛、右に女雛を飾ります。
かつてはその逆で、人形から見て左が尊いとされていたので人形から見て左に男雛が座っていました。
京都などでは今でも向かって左が女雛、右が男雛の飾り方を残しています。
※注意:人形を飾るのにご不明な点がございましたら、遠慮なく人形の諏訪までご相談ください。

店舗情報

人形の諏訪 店舗情報

人形の諏訪

人形の諏訪 電話:0297-44-3483

住所 : 茨城県坂東市沓掛543
営業時間 : 9:30~18:30
定休日 : 不定休
(お知らせをご確認ください)

MENU

QRコード

QRコード
ページトップへ